www.darkhighlands.com
FXで投資する興味深いところは、単独の投資の商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を「短期投資」「中期投資」「長期投資」という3種類の中からどの期間を選択するのかということで投資のやり方が大きく違うということにあります。外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」について見てみよう。長期というものは、一年以上の出資期間が前提とされているものです。だいたい為替においては、一年以上経過した後の為替のレートが円高でしょうか、円安になっているかを予測するのは、ほとんどの場合無謀だと思います。通常であれば「先の状況はわからない」となるのが当然のことなのです。予測もできないものをがんばって推測しようとしたところで、そんなことは無謀なことなのです。そのことから、外国貨幣を買ったとして、その価値よりも円高になったとしてもそれは近いうちに返ってくるだろうという程度の感じで挑むのがベストです。為替差益を無理に上げるのではなく、他の収益それはスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げるということを、一番最初の目標として投資しましょう。当然短期で為替変動によるマイナスがひどく膨らんでしまうことがあります。そういう訳でこういうケースのような為替差損が大きくても耐えられるようにレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめに取引することが肝心です。FX(外国為替証拠金取引)は、損失が決まった範囲以上増えてしまうと追い証を払わなければならなくなったりあるいは損切りがかかったりします。ロスカットになってしまったら早くトレードを終了することになり、長期トレードがストップしてしまいます。こういうリスクを抑えるには、レバレッジ2?3倍に設定してトレードするのが良いでしょう。第二に中期でのやり取りを見てみましょう。中期投資では、一番長くても1?2ヶ月程度経った頃を考慮してのトレードをします。為替の売買においては、だいたい1ヶ月くらい後のことはある程度想定しやすいでしょう。G7等の世界的な論議とか、為替トレードで売買している人たちがどういうテーマに関心を持っているかを確認すれば、そこそこ予測できるのです。経済情勢を見つつ、チャートをチェックすることで、為替レートの状態を理解できるようになり取引を決める方がいいでしょう。基本的に、ファンダメンタルズとテクニカルのどちらでも良い方向でありまたはどちらも買い傾向が一致した時は、まず予想通りに行くと思って良いでしょう。そうした時は持ち高を増やせば多くのリターンを期待できるはずです。最後に短期のポイント。ここでの短期スタンスが指しているのはつまりはデイトレを意味しています。為替市場でデイトレードをする場合ファンダメンタルズは全然絡んでいないと断言します。なぜかというと次の日の為替レートの変化にファンダメンタルズは影響しないからです。この場合の一番の狙いどころは目を引く出来事がある際それに影響されて為替レートが大きく動く一瞬を狙ってやり取りしましょう。例として米国にて雇用情勢が公表される、それとも金融政策決定会合などによって制作金利が動くくらいの行事。このように絶好の機会に変移を逃してはいけないといったわけで、短期スタンスは専門的なものが必要になる。