www.darkhighlands.com
自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険という保険で、通称自賠責保険と呼ぶものです。この自賠責保険は別名、強制保険と言われ、マイカーを車検に出す際は決まっている車検の期間に適用される自賠責保険に入っていなければなりません。つまり全ての自動車に加入義務のある保険ということです。ではクルマに自賠責保険が付いた状態で売った際にはどうか考えてみたいと思います。自動車損害賠償責任保険は車検の際に更新することが多くあるものですが仮に自動車損害賠償責任保険が付いたままのクルマを売却した時は、その金額が返金されるということはなかなかないでしょう。というのは、自賠責保険の効力をいったん抹消して、次の所有権を持つ人入れ替えるのはやや面倒なのです。ですから強制保険(自賠責保険)は、名義変更をして車と一緒に渡すのが一般的です。ただしそれと同じだけの金額を買取額に乗っけてくれるのです。強制保険(自賠責保険)の場合は自動車税と違い支払い済みの金額を1ヶ月単位で割り算した金額が戻ってくる方法ではなく、買取額に足すという手法が使われるのが通常ではありますが、こういった内容が見積シートに載るケースはほぼありません。ですから、車買取時は自賠責保険の分の金額が査定額に含まれているかを確認したほうがいいでしょう。自分で払った金額がどのくらいの額かだけでも知っておけば大丈夫はずです。その自賠責保険の加入額というのは、加入していた期間で異なるので、注意しましょう。車の処分の時には自賠責保険の名義を変更しなければなりません。これをしないままにしていたら保険の提供元からあなた宛てに自賠責保険の満了を知らせる便りが届いてしまいます。手放すか悩んでいる愛車が多少でも高く査定されることを応援したいと思います。