保存していないと覚えておくことはできないはずです

*** PR ***

  • 利用したレシートの所持義務はないのだろうか。

    結論について冒頭で記載すると保有する必要性は特別ないと思います。

    個人によっては保有していることが個々が切った明細を残したいと考える場合は残しておけばよいですし、逆にそういった証拠は必要ないという場合はとっておく必要性はないのです。

    しかしながら毎月送られてくる利用明細書類との確認作業の時においてはもれなくこれらのレシートは必要となります。

    レシートをそこまで少なくとも保持していなければどこの店でいつ頃いくらくらい利用したか?というのが確かでなくなってしまうだけでは済まず、間違えた請求・重複した請求に関する確認作業さえもすることができないから気をつける必要があります。

    特段使用した額については明細レシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。

    少なくとも利用明細書類が送付されてくるひと月ふた月くらいの期間は、しっかりと明細レシートを所持するようにして頂きたい。

    クレカの明細レシート破棄方法→クレジットの利用レシート廃棄のやり方は非常に簡単なのです。

    不正な利用をされないよう小さくちぎって廃棄するだけで良いのである。

    簡単な裁断機等が自宅で使えるようであれば念には念を入れて使うのが良いでしょう。

    なにせクレカの使用履歴を証明している明細レシートなのであるからNo等個人の情報について知られてしまうことが多く書かれています。

    普通の利用レシートと軽視せず、気を抜かずに実施したほうがよいでしょう。

    一方、近頃は安全対策の意味で利用レシートにクレジット番号等の個人を特定する情報が表示されていない明細レシートも出ているが過信は禁物である。