愛車の売却の時は

*** PR ***

  • 自動車を売る場合、また愛車の下取りの時も印鑑証明というものが必要になります。

    この印鑑証明について説明していきます。

    印鑑証明という書類は、その印鑑が実印として認められているということを保証する目的を持つ書面です。

    これがなければその印鑑に関して実印であるという事実が保証できません。

    決して小さくない取引になる愛車の売却ですから必然的に実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明というものが要るのです。

    この印鑑証明をつくるには、あらかじめ印鑑証明をしておかなければなりません。

    印鑑証明に登録する印は正式には実印と言われこの世に一つだけの判子であることが必須です。

    実印を用意して近所の市町村役場の取次ぎ所へ出向けば、印鑑登録できます。

    印鑑登録をすれば、印鑑登録カードというものが発行され、登録した印鑑は実印ということになります。

    印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうには、市役所などの案内係へ出向き専用の書類に必要項目を書き込んで、印鑑登録カードを出すだけです。

    それから、自動交付機でも印鑑証明を発行することができます。

    印鑑証明には有効期限はないのです。

    そのためどんなに前の印鑑証明でもその効力はあるということです。

    ただクルマ買い取りの際は、必須条件として3ヶ月以内に交付されたものが有効とされています。

    通常は有効期限の定めはないのですが、愛車の売却の時は、買い取る側が必須となる有効期限を教えてくれるので、もしも自動車の買い取り予定の車があるとしたら、あらかじめ手元に置いておくとスムーズに進みます。