では4つめの方法は

破産申告で持っているローンにあたりその保証人となる人がいるときには、早い段階で相談をしておいたほうが無難です。ロスミンローヤル

再度、改めてお勧めしますがほかに保証人が存在するときは破産宣告前にちゃんと検討する必要があります。マキアレイベル 口コミ

その理由は今あなたが破産手続きを出してOKが出れば、保証人になっている人があなたが借りた債務を全部払う義務があるからです。コンブチャ

ということから、自己破産をする前にあなたの保証人にこれまでのおかれた現状を説明して、謝罪の一つも述べなくてはなりません。マシュマロヴィーナス 食べ方

そういったことは保証人になってくれた人からすれば当然のことです。ジッテプラス

借金をしたあなたが自己破産をすることから、結果的に負債が発生するわけです。ナイトアイボーテ

それで、それ以降の保証人の考慮する手段は4つになります。肌ナチュール マツキヨ

まず1つめですが保証人が「全部返金する」というものです。フレシャス 口コミ

その保証人がいつでも何百万円もの負債を問題なく返済できるというような現金を所有していればこの手段を取ることが可能です。なかきれい酵素 口コミ

でもむしろあなたが破産の手続きをせずに保証人自身に借金して自身はその保証人に毎月返していくという手順も取れるかと思います。ラピエル

保証人が良いパートナーである場合は弁済期間を考慮してもらうこともありえます。

またまとめて返金ができなくとも相談で分割に応じてくれます。

あなたの保証人に破産申告を行われると借金がすべて戻らないリスクがあるからです。

保証人がもし債務者のお金を全額まかなう財産がない場合は、借金しているあなたとまた同様に何らかの債務の整理を選ばなければなりません。

2つめの選択肢は「任意整理」です。

貸した側と落としどころをつけることでおおよそ5年弱の年月で返済する方法になっています。

弁護士などに依頼する際のかかる費用は債権1件につき4万。

もし7社からの負債があれば28万円かかります。

当然債権者側との話し合いを自分でやってしまうこともできないことはないですが、債務処理に関する知識がない人だと債権者側が自分たちにとって有利な案を提示してくるので、気を付けなければなりません。

ただ、任意整理になるとしても債務を立て替えてもらうわけなので、あなたは長くかかるとしても保証人になってくれた人に返済していく必要があります。

さらに3つめは保証人もあなたといっしょに「自己破産を申し立てる」ということです。

あなたの保証人もあなたと同じように自己破産をすれば保証人の返済義務もチャラになります。

ただその場合は、あなたの保証人がマンション等を所有している場合は所有する個人資産を取り上げられてしまいますし法令で資格制限のある職務にあるならば影響を受けてしまいます。

そういった場合は、個人再生制度を検討することができます。

では4つめの方法は、「個人再生制度を使う」方法があります。

マンション等を処分せずに負債の整理をしていく場合や破産では影響が出る職業にたずさわっている人に利用できるのが個人再生です。

個人再生なら不動産は手元に残りますし破産手続きの場合のような職種の制限資格に影響する制限等はかかりません。