スプレッドといい取引会社の儲けといわれています

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を買ったり、売ったりすることによって差益を狙う商品です。優光泉

トレードの値は常時変化しています。ゲッタバランス

これがレートです。ヒアロモイスチャー

テレビを見ていると、ドルやユーロの為替相場の話題が流れる場面があります。ピュアナース

よく見かけるのが、「本日の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。デオプラスラボプラチナム

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売り買いされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。プロキュア

つまり、取引には、買値と売値の2つの価格が存在します。アロマキフィ

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX会社もあります。モリンガ美臭美人

いつもは買値よりも売値が安い価格になっています。ModeRobe(モードローブ)

実際に買うときには高く、売るときには安くなるのです。ローカロ生活

この差をスプレッドといい取引会社の儲けといわれています。

スプレッドの差は会社によって違います。

スプレッドは自分自身にとって費用になるので、低いFX取引会社を選んだほうが有益です。

ただ、同じ取引会社でも場合によってスプレッドの差は広くなったり狭くなったりします。

仮にいつもはドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言っても、相場の変動がとても大きい場面では広くなります。

という訳で、スプレッドの幅が狭いのと合わせて変化が小さいということが不可欠です。

最近では変化しないスプレッド幅を表示する取引会社も数多く存在します。

実際にFX取引会社の取引画面内で実際のレートを確認しなければ判断できないので面倒くさいですが、重要な事です。

大事な投資資金を使って取引をしますので現実の売り買いの前に、気になる業者の新規取引口座開設をどんどんしてスプレッドの幅を点検しましょう。

同じ外貨でもその時間帯の為替相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッド幅は異なることがあります。

たいがい、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッド幅が小さくそれ以外の通貨ペアではスプレッドの差が広くなる事がよくあります。