www.darkhighlands.com
基本的に、自己破産を申請するまでの間は個人への電話によった取り立てと、負債者その人の住居への直接訪問での回収は違法行為でないと考えられます。そして、自己破産の書類手続きに入ったのち申請までに時間があった際には債権保持人は無理矢理な取り立てを実行するリスクが増加します。債権保有人サイドからすると未納分の支払いもすることなくそれでいて破産などの法律上の処理もされない状況だとグループ内で完結処理をなすことができないからです。それだけでなく債権保有者の一部にはエキスパートに結びついていないと知ったなら、強硬な返済請求行為をやってくる債権者も存在します。司法書士事務所か弁護士事務所に助力を求めたときには、個々の債権保有人は負債者に対する取り立てをやることができなくなります。頼みを受け取った司法書士の担当者または弁護士は要請を受任した旨の手紙を各取り立て業者に送り、各取り立て会社がその郵便を見たならば被害者は債権者からの強引な徴集から放たれるのです。さらに、取り立て業者が勤務地や親の自宅へ訪れる収金はガイドラインによって禁止されています。金貸しとして登録してある会社ならば勤務地や故郷へ訪問する収金は貸金業法規制法に違反しているのを分かっているのでその旨を伝えれば、そういった集金を継続することはないと考えられます。手続きの後は、当人に対しての取り立てを含んで全種類の返済要求行為は認められなくなりますので、取立人からの収金行為がすべて音沙汰なくなるわけです。とはいえ、中には違法と知っていてやってくる取り立て屋もゼロとは断言できません。事業として登録してある業者であれば自己破産の手続き後の集金がガイドラインに違反しているのを理解しているので、その旨を言ってしまえば、そういう収金を継続することはないと考えられます。とはいえどもブラック金融と呼ばれている不許可の取立人についてとなると予測外で、危険な返済要求などが理由の被害事例が減らない状況です。闇金融が取り立て企業の中に存在するケースではどんな理由があれ弁護士の方もしくは司法書士事務所などのエキスパートに助けを求めるのがいいと考えます。